おうちを支える人

賃貸住宅の歴史

全国には数え切れないほどの賃貸住宅があります。築30年以上となる物件も、日本の至るところでみかけることができます。現在でも購入ではなく賃貸形式で物件を探す人は多く、不動産会社も賃貸管理に力を入れています。

この記事の続きを読む

家を選ぶ人

仲介手数料について

賃貸住宅に中には、「賃貸手数料無料」と謳っているところもあります。ただ、仲介手数料を必要としているところよりも無料としている物件のほうがメリットがあるかというと、そういうわけでもありません。

この記事の続きを読む

ビル群と青い空

自分の部屋を選ぶ時

自分に合った部屋を探す際は、いくつかのポイントを頭に入れておきましょう。まず大事なのが家賃です。現在の収入や貯金額、用意している予算などを前もって把握しておきましょう。また、周囲の環境なども重要なポイントです。

この記事の続きを読む

契約書にサイン

不動産選びのポイント

不動産選びは、新居の引っ越し時で非常に重要なものです。隣人に関する情報をはじめ、最寄り駅までの距離や、防音設備に関する問題など、これらの問題を逐一細かく教えてくれる不動産を利用するようにしましょう。

この記事の続きを読む

仲介手数料の仕組み

家とお金

所沢で人気の不動産はどれ?物件数や実績、口コミを参考に、部屋探しにピッタリの不動産を見つけましょう。

あなたが、アパートの所有者であるとします。現在空室が発生しているため、不動産屋さんにお願いして入居者を探してもらうことになりました。費用はかけたくないので、仲介手数料無料の不動産屋さんを探すことにしました。 駅前の不動産屋さんにお願いしようとしたところ、店舗の前には「今なら仲介手数料無料」と張り紙があったので、入居者探しを早速お願いすることにしました。 賃貸の場合、賃貸借契約が成立すれば、仲介業者は賃料の1か月分を仲介手数料として受領することができます。注意していただきたいのは、貸主・借主から受け取れる仲介手数料の上限額が1か月分ということです。これは宅建業法で明確に定められているのです。 さて、不動産屋さんの担当者から「仲介手数料無料でサービスさせていただきますが、賃貸借契約が成立した場合には、広告宣伝費用として賃料の1か月分をいただきます」と説明を受けました。 もうお分かりですね、あなたのアパートの入居者が決まり賃貸借契約が成立した場合には、確かに「仲介手数料無料」なのですが、広告宣伝費用が発生するということです。

結局、不動産屋さんは貸主から広告宣伝費として貸主から1か月、借主から仲介手数料として1か月分の報酬を受け取るわけですから、合計すると賃料の2か月分を受領することになり、宅建業法に違反するのではないかという疑問が生まれます。 しかし、これは違法とはいえません。確かに金額的には2か月分仲介手数料を受け取っているのですが、その不動産屋さんが入居者を探すにあたって、営業費用が発生しているからです。 今の時代、インターネット上の物件サイトに登録して入居者探しをすることがほとんどなのですが、この物件サイトに登録すること自体に費用が発生するのです。月に数万円かかることも珍しくありません。したがって、貸主から賃貸借契約が成立した場合に広告宣伝費用を受け取ることは違法でも何でもないのです。まして、成約してはじめて広告宣伝費用を支払えばいいのですから、貸主にとっても不利益にはなりません。空室を解消するために最低限の費用がかかることをよく覚えておきましょう。

不動産を購入するときは、仲介手数料無料のこちらにお任せ!更に値引き交渉が得意なので他の会社よりもお得に住宅を購入できます。

借地の相談を引き受けてくれるこちらなら、土地に関するトラブルをすぐに話すことができ、短期間で解決ができるでしょう。