仲介手数料について

家を選ぶ人

仲介手数料無料の物件とは、仲介業者を介在させない、不動産業者が自ら売主となっている物件のことをいいます。不動産売買にあたって、仲介業者が介在する物件の場合には、その物件の売買契約が成立した場合には、買主は仲介手数料を仲介業者に対して支払わなければなりません。 買主にとっては、仲介業者を支払う必要がない仲介手数料無料の物件は、コストの面からもメリットがあるように思えます。しかし、本当にそうなのでしょうか。 仲介手数料は、一般的に売買代金×3%+6万円(消費税別途)かかります。たとえば、3000万円の物件であれば100万円程度の仲介手数料が発生することになるのです。 買主にとっては、売主(不動産業者)が自ら売却する物件であれば、100万円かからないで済むわけですから、金額だけ考えればお得ということになります。

でも、よく考えてみましょう。売主の不動産業者もビジネスとして不動産の売却を行っているからであって、上記の3000万円の物件の中には彼らの利益も含まれているわけです。 仮に、不動産業者が購入した物件の原価が2500万円であったとして、彼らの利益が300万円あればいいと考えた場合には、本来、不動産業者は2800万円で売却できれば十分だったわけです。ところが、買主は3000万円で購入したのです。 もしも、今回の物件が仲介業者紹介の物件で、当該仲介業者の力量で2800万円で売買が成立した場合、約82万円の仲介手数料が発生しますが、それでも買主の支払う金額は約2900万円で済んだのです。仲介手数料無料の物件よりもお得に購入できたことになりますよね。 このように、仲介手数料無料物件は一見すると買主にとってお得に感じられるものですが、よくよく中身を吟味して購入を検討したいものです。